お水宅配水ウォーターサーバー比較.com

ウォーターサーバー比較【衛生面】のチェックポイント

常日頃から空気の中には多くの埃や菌(雑菌・カビ菌・細菌・ウィルス・有害物質)が飛んでいます。これらの浮遊菌は水に非常に悪いです。水道水には塩素が含まれておりますのでほこりや菌などを消毒してくれますが、ウォーターサーバーのお水には殺の菌能力がありません。なのでウォーターサーバーのお水は絶対に空気に触れさせてはいけませんので、ウォーターサーバーの構造上で、ウォーターサーバーに空気と触れることがないかをチェックするのがポイントです。特に水容器の取り外し口に空気がはいらないか要チャックです。

ウォーターサーバー比較【安全性】のチェックポイント

ウォーターサーバーの安全性のチェックポイントはを使用する際の人的害に危なくないかどうかです。地震が多い日本ではウォーターサーバーの転倒による火災の危険や電気系統の安全対策が必要でしょう。そのウォーターサーバを選ぶ時のチャックポイントとして電気安全法のPSEマークの表示されているものを選ぶといいでしょう。また設置した際に、小さな子供に対してのチャイルドロックなどの対策がされているかもチャックしましょう。

ウォーターサーバー比較【経済性】のチェックポイント

ウォーターサーバーを利用する際に気になるのが料金ですよね、ウォーターサーバーのレンタル費・購入料金・一番気になる月々の電気料金またメンテナンス費用・飲料水代などの経済性を業者によってここに違いますので、できるだけサービスが無料が多いウォーターサーバー会社をよく比較検討しましょう。

ウォーターサーバー比較【水容器】のチェックポイント

ウォーターサーバーの水容器には大きく分けて、業者の方が水容器を回収してくれてエコ的によいボトル(ガロン)タイプと飲みを終わった容器を資源ごみとして捨てれるタイプのワンウェイタイプの2種類があります。
ボトルタイプのメリットとデメリットは、ボトルを捨てる手間はありませんが、業者が取りに来るまでのスペースが必要です。
fワンウェイタイプのメリットとデメリットはお水を飲んでいくとしぼんで折りたためスペースを取られないのですが捨てる手間とワンデイなのでコストが少し高くなります。
用途に合わせてウォーターサーバーを選びましょう。

ウォーターサーバー比較【契約内容】のチェックポイント

ウォーターサーバーをご契約する場合に、お水の宅配が定期に決められた日に発送なのか、またはお水が切れた場合、電話で随時注文するのか、お届けの際に最低購入本数があるのか業者さんによって違います。また、業者さんによっては最低利用期間があるところもあるので、最低利用期間内に解約してしまった場合は違約金が発生してしますので注意が必要です。お水やウォーターサーバーを選ぶのではなく、契約内容も含めてウォーターサーバーの業者さんを選び部のチェックポイントです。